ストレスから頭皮へ負担がくることもあります

季節の変わり目はストレスがかかるものです

まだまだ寒い日が続きますが、日中は暖かい日もちらほら出てきました。

 

こうなると朝晩と日中の寒暖差が気になってきます。

 

寒暖差と共に現れてくるのが身体の異変で、特に頭皮が気になりだす人が多いのが、実は春なのです。

 

春は気温が上昇するので、汗や皮脂などの分泌が盛んになります。

 

新陳代謝が活発になり頭皮自体も敏感に傾くことによって、春という季節特有のトラブルが勃発するのです。

 

多いのが頭皮が臭う、痒みが出る、湿疹が出るなどですが、抜け毛に悩まされる事もあります。

 

 

朝晩の乾燥と日中の皮脂分泌のバランスが崩れ、毛穴が塞がりがちになることから抜け毛へと発展してしまうのです。

 

もう1つ春特有のトラブルが人間関係です。春になって新たな環境に飛び込む人も多いですが、そこで人間関係にストレスを覚える人が多いです。

 

 

このストレスが原因で、頭皮に悪影響を及ぼす事が結構あるのです。
やはり頭皮の痒みや抜け毛、敏感になりすぎて痛みを覚える人もいます。

 

 

春になると花粉の季節が到来しますが、頭皮アレルギーも例外ではありません。体質が変わってしまうものですから、今まで平気で使っていたシャンプーやリンスが急に合わなくなる事もあります。

 

 

花粉症と共に頭皮に異常が出たら、皮膚科に相談するのが一番です。

 

乾燥体質やアレルギー体質の方は、これからの時期の頭皮環境を確認しながら生活して下さい。私事ですが、今は食べ物に注意しています。皮脂分泌を高める食べ物、例えばチーズ、バター、洋菓子、ファストフード、揚げ物などは極力避けています。

 

タバコは完全に辞めましたし、お酒もほどほどにしています。これらはストレスの関係で頭皮トラブルを起こしやすくなるそうです。