ブラックバイトの裁判

こういう事件がなくなることを望みます

今、ブラックバイトの裁判が注目されていますね。牛角などを運営する会社のしゃぶしゃぶの店らしいのですが、そこで働いていたバイトの人に対しての対応があまりにもひどすぎました。

 

 

バイトの店長からの暴言や暴行などがあきらかになったのですが、とにかくひどすぎです。

 

女の店長だったようですが、ふつうに殺すなどの暴言を投げつけており、電話の留守電にも脅迫めいた言葉を残していたそうです。

 

 

バイトに入れないと暴言をしたり、仕事に入れなかった分の損害を請求したり、余った料理のお金をバイトに負担させたりとやりたい放題でした。訴えている元バイトの人は、その時は学生だったそうですが、試験などがあってもバイトを休ませてもらえず、休もうとすると暴言や暴力があったそうです。

 

 

 

ひどいのは包丁で刺したことです。肩の近くを刺され、服に穴が開いたのはもちろん、肩にもその傷跡はしっかりと残っています。これはブラックバイトがどうとかの問題ではなく、傷害事件ですよね。この事実は店長側は認めていないそうですが、被害者の訴えや服のキズ、体の傷跡からしても逃れようがないと思うんですけどね。

 

 

 

仕事を辞めようというと、逆に懲戒解雇にして仕事に穴をあけた分に被った被害の額を請求するなどととんでもないことを言って辞めさせないようにするなど悪質すぎます。なによりバイトに懲戒解雇なんて存在しないのですが、知識のない学生バイトに対して立場を利用した立派なパワハラであり、明らかにブラックバイトそのものです。

 

 

 

裁判ではまさかのマスコミに対して会社の名前を出さないようにと忠告しようとして、裁判官にたしなめられるような場面があるなど、反省の色なんてないでしょう。この裁判ではほぼ確実にバイト先は負けるでしょうが、未払いの残業代の支払いをするだけではダメでしょう。

 

 

 

今回の件は氷山の一角でしょうし、今後こういったブラックバイトのようなところが確実に減るような厳しい判決が出るといいですね。

 

 

 

なんにしても、ブラックバイトと思われるようなところで働いて困った時は、一人で悩まずかならず誰かに相談した方が良いでしょう。なんにせよ、こんな最悪な対応をするバイト先なんてつぶれてしまえばいいと思います。